経営コンサルの採用について

TOP >> 関連情報 >> 採用

経営コンサルに採用されるために

経営コンサルにかぎったことではありませんが、コンサル業界というのは疑問の答えを見つける仕事です。ですから、その疑問に的確に応えられるような、論理を立て答えを組み立てることができる力が必要です。これがなくては、経営コンサルとして働くことはまず難しいと言っても過言ではありません。

未経験でも十分に転職が可能だと言われている経営コンサルの世界ですので、大変人気があります。ですから、一つの経営コンサルの求人に何人もの人が応募をします。それを勝ち取り採用してもらうことはとても難しいのが現状で、未経験になればなるほど経験のある人よりは不利になるところもあります。ですから、採用されるためのポイントをしっかりと抑えなくてはなりません。

経営コンサルの面接では、一般企業とは違う質問が飛び交うことも珍しい事ではないといいます。もちろん、経験がない人が答えられるような質問ではないこともあるでしょう。しかしながら、面接において沈黙をするということは経営コンサルの世界ではご法度であると言われていることを知っていますか?なぜなら、経営コンサルという仕事は知識もそうですが、知恵が欲しくてクライアントは依頼をしてきますので、その「知恵」があるかどうかを面接では見られるのです。ですから、黙ったり質問に答えられないのはその時点で不採用となってしまう可能性が高いのです。

特に戦略系の経営コンサルの面接はかなり特殊であると言われています。実際に面接を受けた方の中には「日本には何店舗ガソリンスタンドがあるのか」などといった不意打ちの質問をなげかけられることがあります。それに対してどのように答えればいいのでしょうか。実は、それは人それぞれでいいのです。正確な数字を答えられることを望んでいるのではなく、このような特殊な質問に対してどのような知恵を絞って答えてくるのかを見ているのですから、正確な数字を知らなくても、「なるほど」と思うような面白い回答をしたり、知恵を絞った回答ができればそれでいいわけです。

ただ、誰もが機転を利かせることができるわけではありません。そんな時には、転職エージェントを利用してみましょう。面接の際のポイントや採用されるにはどうしたらいいのかなどをわかりやすく丁寧に教えてくれるアドバイザーが一人ひとりについてくれますし、大きな転職エージェントではセミナーなどを定期的に開催するなどして、採用される可能性を高めてくれるので、これらを上手に活用しない手はありません。

経営コンサルの採用情報をお探しなこのエージェントがオススメ!

ランキング 第1位
サービス名 リクルートエージェント
運営会社 株式会社リクルートキャリア
ランキング 第2位
サービス名 マイナビエージェント
運営会社 株式会社マイナビ
ランキング 第3位
サービス名 DODA
運営会社 株式会社インテリジェンス

© 2014 【経営コンサル転職ガイド】