経営コンサルの英語力について

TOP >> 関連情報 >> 英語

経営コンサルの英語力はどの程度必要?

経営コンサルには、英語力が必要だと思いますか?逆に、英語力がないとコンサルタントという仕事はできないのでしょうか?経営コンサルに限った事ではありませんが、コンサル業界というのは比較的外資系が多いということはすでにご存知だと思います。ということは、外資系なので英語力が必須であろうと考えるのが一般的だと思います。しかし、必ずしも英語力が必要だとは限りません。

ただ、英語力があるに越したことはないですし、大手経営コンサル企業だったり海外に本社を置いている経営コンサルの場合は英語力が必要となることもあります。ですから、状況に応じて変わってくると言えるでしょう。よく英語力をはかる基準としてTOEIC何点以上という場合があります。では、経営コンサルにはどれくらいの力が必要なのかといえば、それはも一概にはいえないのです。

日本に支社を置く外資系のコンサルティング会社であれば、たとえ本社が海外にあろうがクライアントは日本企業となるため、必ずしも英語力が求められているわけではありません。顧客は日本の企業のわけですから、当然のことながら英語がペラペラ話せるよりも、お互いの意思疎通ができる日本語の会話能力が求められているのは当然です。どちらかといえば英語力が必要となるのは、採用されて仕事を始め、徐々に仕事の内容が増えてきてからであるのが一般的なようです。

経営コンサルの世界に限った事ではないですが、30歳の後半にもなると経営コンサルの世界では第一線を退いてマネージャーとして活動をすることになったり若い人材を育成しながらサポートを行っていくような役職につくようになったりします。このような時に、英語力が必要となることの方が多くなりますので、年齢とともに英語力の必須数が上がってくるといっても過言ではないかもしれません。

もちろん、外資系の経営コンサルは、海外の支社で働いている人たちと連絡を取り合うこともあります。これはどういうことなのかというと日常会話を含め、ある程度コミュニケーションを取ることができるくらいの英会話力に加え、英語でレポートや資料を作成したりメールでのやりとりも増えてきますので英作文の文章能力も問われてきます。よって、会話ができるだけではなく言いたい事などを的確に英語で文章として書き記すという技術も必要となってきます。

このように、英語力は必ずしも必要とはされてはいないものの、生涯経営コンサルとしてやっていくのであれば英語力があった方が良いということになりますね。

経営コンサルの求人をお探しならココ!

ランキング 第1位
サービス名 リクルートエージェント
運営会社 株式会社リクルートキャリア
ランキング 第2位
サービス名 マイナビエージェント
運営会社 株式会社マイナビ
ランキング 第3位
サービス名 DODA
運営会社 株式会社インテリジェンス

© 2014 【経営コンサル転職ガイド】