経営コンサルの面接でよくある質問!

TOP >> 関連情報 >> 面接でよくある質問

経営コンサルタントへ転職する時の面接の質問

経営コンサルタント職への転職を考えている人にとって、最大の難関が面接です。採用企業側はコミュニケーション力やソリューション能力、プレゼンテーション力を重視しますから、面接官からの質問にどのように答えるかが採用の可否を握る鍵です。自己アピールをしっかりとするだけでなく、物事を冷静に判断し分析できる能力が必要ですから、転職を考慮している段階で面接に向けたモチベーションアップを図ったり、提案力に磨きをかけたりするようにして準備を進める必要があります。

経営コンサルタントの面接対策として考えておきたいのが、投げかけられる質問です。面接官からの質問を考慮することに加えて、自分から面接官側に尋ねる場面もあらかじめ考えておく必要もあります。企業側が投げかける質問は応募者側の人格や考え方を知る質問、これまでの仕事上の経験や業務スキルに関する質問、さらにはなぜこの企業を選ぶことにしたのか、応募動機を尋ねる場合があります。応募者側の考え方を尋ねる場合には、これまで携わってきた仕事や経歴にどれほど満足しているか、問題に直面した時にどのように解決の道を探ったかといったものが含まれます。ポイントは否定的に捉えるよりも、肯定的にとらえて、積極的な思考で答えを出すことです。

業務上の経験や応募動機について尋ねられる場合には、提案力を探る質問が投げかけられる場合があります。例えば、業務上の架空の事案が提案され、事案をどのように解決したり、作業を進めたりするかについてのプロセスを説明するケースが有ります。この場合には提案力だけでなくソリューション力にも注意が向けられるため、表面的な解決策を提示するよりも、自分自身が描く問題解決方法や人材をふさわしく活用して事案を進める方法などを具体的に説明することが大切になります。

経営コンサルタント職へ応募する際の対策として想定問答集を考慮することは大切ですが、自分だけで取り組もうとしてもなかなかうまく物事が進まない場合もあります。誰かのサポートを受けたいけれど、今の職場で転職についての話題を持ちかけるのはナンセンスですし、周りに助けを求めようとしてもなかなか自分の状況にあった仲間や友人を見出すのが難しい場合もあります。このようなケースでは転職エージェントを活用してみるとよいでしょう。転職エージェントとは転職情報サービス提供会社が登録会員に付ける転職サポートのプロのことです。無料にも関わらず面接対策もしっかり対応してくれるので、利用価値は非常に高いと言えます。

経営コンサルの面接でお困りならエージェントに相談しよう!

ランキング 第1位
サービス名 リクルートエージェント
運営会社 株式会社リクルートキャリア
ランキング 第2位
サービス名 マイナビエージェント
運営会社 株式会社マイナビ
ランキング 第3位
サービス名 DODA
運営会社 株式会社インテリジェンス

© 2014 【経営コンサル転職ガイド】