経営コンサルの残業について

TOP >> 関連情報 >> 残業

経営コンサルの残業は多い?

経営コンサルに限らず、コンサルティング業界自体がかなり残業が多いということでも知られています。どの業界に比べても経営コンサルの世界で残業が多いのはなぜなのでしょうか。

それぞれの企業によって異なるところはあるものの、だいたい月に60時間から100時間、場合によっては100時間以上も残業をしているという経営コンサル企業もあるようです。残業代がしっかりと支給されれば残業があっても文句はないかもしれませんが、状況に応じて自宅に仕事を持ち帰って行うことも多いようですので、自宅で仕事をする分についてはサービス残業となるでしょう。そんな仕事量に比べると、経営コンサルは給料が安いと言えるかもしれません。

もちろん、どの業界に比べても経営コンサルは年収が高いと言われています。専門的な知識と技術が必要になる事からも当然かもしれませんが、それだけではなく、仕事量が多いこともあるでしょう。大手企業などをクライアントに持つ企業になればなるほど拘束される時間も増えて仕事の量も多くなり、必然的に残業が増えてしまうため、どうしても経営コンサルという仕事は残業なしに語ることができないのです。

単刀直入にいえば、コンサルタントという仕事自体、残業がつきもので、残業をしたからといって手当がもらえるということではなく、1つの案件に対しての報酬制度になっているのでいくら残業をしたところで成果が得られなかったりクライアントからOKのサインがでないことにはお金になるということはない仕事です。成果=残業時間ではないため、経営コンサルの仕事をしている人は残業時間で報酬を決めるという概念はほとんどありません。

時には終電を逃してしまったり、会社に泊まり込んで仕事を行うということもあるといいます。数ヶ月に一度くらいならまだ許せてもこれが頻繁になれば家族がある方にとって自宅に帰れないということほど辛くなるものはありません。独身の人も自宅に帰れないということはつらいでしょう。

企業によって異なると先ほども言いましたが、転職エージェントなどを利用すると残業が比較的少ないという条件のもと希望にそった転職先を見つけることも可能です。しかも、一人ひとりにアドバイザーが付きますので自分の代わりとなって交渉をしてくれます。ですから、こんなにスムーズに転職できる方法はありません。今の仕事を続けながらの転職活動も楽々行えるわけですから、焦ることもなく満足のいく転職先を見つけることができるでしょう。

経営コンサルの求人をお探しならココ!

ランキング 第1位
サービス名 リクルートエージェント
運営会社 株式会社リクルートキャリア
ランキング 第2位
サービス名 マイナビエージェント
運営会社 株式会社マイナビ
ランキング 第3位
サービス名 DODA
運営会社 株式会社インテリジェンス

© 2014 【経営コンサル転職ガイド】