経営コンサルの仕事内容について

TOP >> 関連情報 >> 仕事内容

経営コンサルという仕事はどんなことをやるのか!?

知っているようで知らない経営コンサルの仕事内容についてお話しします。経営コンサルの仕事内容を簡単に説明すると、クライアントから受けた経営上の問題点を見つけて解決策を見いだし、その対価をもらうのが一般的な仕事の流れとなります。この程度なら知っている方も多いと思いますが、実際にはいつも専門的で的確なアドバイスによって成功に導けるばかりでなく、的確なアドバイスをしていても最終的にそのアドバイスに従って経営をしていくかどうかは企業側の判断にゆだねられますので、すべての企業が経営コンサルの指摘どおりに動き、成功しているばかりではありません。

つまるところ、経営コンサルの仕事内容は評価や実績などで判断されることが多いのです。たとえば、実績がない人からアドバイスをされたところで実績がなければ疑心暗鬼になるのではないでしょうか。実力がものを言う世界ですので、常に向上心を持っていなくてはいけません。当然、気を抜いて仕事を行うようになったら終わりの厳しい世界なのです。

ただ、経営コンサルは何でも頼まれれば仕事をするのかと言えばそうではありません。できることはできる限り応援しサポートするのは当然ですが、どんなにがんばってもできないことには、はっきりとできないとクライアントに説明をするのも仕事の一つです。できないことをできると言えば評判も下がってしまいますので、経営コンサルについては致命的なことになってしまいます。

クライアントに縛られる時間も長いですから、深夜遅くまで仕事をすることも少なくないと言われています。場合によっては休日出勤をすることもあるでしょうし、自宅に仕事を持ち帰ってこなすこともあるでしょう。もちろん、仕事内容もクライアントの相談にのるだけではなく、システムの構築など技術的な面における業務もありますので、表面だけでは分からない多岐にわたる仕事をすることになるのです。

経営コンサルに仕事を依頼した時にはすでに経営がかなり悪化している、もしくは悪化していることに気づいていないクライアントもいるといいます。この場合、その企業がいかに改善して経営を持ちなおすことができるのかをアドバイスしたり意見をしたりしても立て直せないほど、経営の悪化がひど過ぎる場合は、経営コンサルとして廃業を勧めることもあるようです。時には酷な仕事をしなくてはいけないこともあるのが、この仕事の辛いところであるといえるでしょう。

経営コンサルの求人をお探しならココ!

ランキング 第1位
サービス名 リクルートエージェント
運営会社 株式会社リクルートキャリア
ランキング 第2位
サービス名 マイナビエージェント
運営会社 株式会社マイナビ
ランキング 第3位
サービス名 DODA
運営会社 株式会社インテリジェンス

© 2014 【経営コンサル転職ガイド】